太陽の光を室内に。新しい照明【 太陽光照明システム 】のはじまりです。スカイライトチューブ。

よくあるご質問

よくあるご質問

Q1製品のラインナップは?

A1
産業用でご利用頂ける製品は4種類あります。散光カバーやレンズはお選び頂けます。

  1. ブライトンアップシリーズ solatube160DS(250mm)(3~4畳用)
  2. ブライトンアップシリーズ solatube290DS(350mm)(6~8畳用)
  3. ソーラマスターシリーズ  solatube330DS(530mm/クリアドーム)オープンタイプ(露出タイプ)/クローズタイプ(天井仕舞タイプ)(約50m2
  4. ソーラマスターシリーズ  solatube750DS(530mm/レイベンダードーム)オープンタイプ(露出タイプ)/クローズタイプ(天井仕舞タイプ)(倉庫で約50m2

詳しくは製品案内をご覧ください。

Q2付属部品はどのようなものがありますか?

A2
散光カバーやレンズは使用されるシーンによってお選び頂けます。
また、屋根の形状やご要望に合わせてさまざまなオプションをご用意しています。
詳しくは製品案内をご覧ください。

Q3どういう用途の建物に設置できますか?

A3
過去の設置案件では、住宅・事務所・倉庫・店舗・工場・保育園・幼稚園・ケアセンターなどがあります。

Q4どういう形状の屋根(屋上)に設置できますか?

A4
コロニアル・折板・(波板)スレート・RC陸屋根等対応できます。

Q5どこまでの勾配の屋根(屋上)に設置できますか?

A5
5~6寸までの勾配であれば対応可能です。但し、採光効率から鑑みると4寸ぐらいまでが良いと思います。

Q6屋根(屋上)からの(突き出す)高さは?

A6
  1. ブライトンアップシリーズ solatube160DS(250mm)・・・ドーム高さ149mm+ルーフベース立上り約130~150mm
  2. ブライトンアップシリーズ solatube290DS(350mm)・・・ドーム高さ176mm+ルーフベース立上り約76~151mm
  3. ソーラマスターシリーズ  solatube330DS(530mm)・・・ドーム高さ235mm+ルーフベース立上り約100~200mm
  4. ソーラマスターシリーズ  solatube750DS(530mm)・・・ドーム高さ338mm+ルーフベース立上り約100~200mm

※ルーフベースの種類によって立上り高さは異なります。

Q7屋根(屋上)から光が届くチューブの最長距離は?

A7
  1. ブライトンアップシリーズ solatube160DS(250mm)・・・約6m程度
  2. ブライトンアップシリーズ solatube290DS(350mm)・・・約9m程度
  3. ソーラマスターシリーズ  solatube330DS(530mm)・・・約15m程度
  4. ソーラマスターシリーズ  solatube750DS(530mm)・・・約15m程度

※届く距離については上記以上でも届きますが、減衰を考慮すると上記の数値を推奨しています。
※設置状況によっても異なります。上記は一般的な目安となる数値です。

Q8どのように光を届けるのですか?

A8
  1. 屋根の上のドームで常に角度の変わる太陽光を採りこみます。
    (solatube160DS・solatube290DSはレイベンダードーム+反射板、solatube330DSはクリアドーム+反射板、solatube750DSはレイベンダードームのみです。)
  2. 採り込んだ光を、反射率99.7%のチューブ内を反射して伝達します。
  3. 散光カバーによって建物内に光を拡散します。

詳しくは採光のしくみをご覧ください。

Q9どんなメリット・デメリットがありますか?

A9
以下のメリット・デメリットが挙げられます。

メリット デメリット
・電気代不要
・紫外線、熱をほとんど持ち込まない
・奥まったスペースなど、
 希望の場所に光を届ける
・比較的短期間の工事が可能
・軽量
・既存照明の電気代、CO2の削減効果
・夜間使用不可
・照度の安定性が低い
・配管ルートの確保が必要
・製品に対する工事費比率が高い

Q10置き換える目安の器具とは、どういったものになるのか?

A10
ケースバイケースです。一般的に‘省エネ’という観点からですと、消費電力の高い水銀灯などを日中でも使用しているシチュエーションが有効といえます。

Q11補助照明と太陽光採光システムとの連携、制御について

A11
ご指摘の通り、太陽光照明+調光機+補助照明+センサーによる制御まで含めた製品・システム開発が弊社の開発課題です。
現在、研究・開発の段階に入っています。

Q12太陽光の照度は安定していないが・・・対策は?

A12
現時点では、各製品に「ディマー」という調光装置(電動)が2011年2月1日よりラインナップに加わりました。(オプション品)
過剰な明るさに対しての対応は可能です。

Q13汚れ対策は?

A13
屋根の上に取付けた採光部は、ドーム状になっており、基本的には雨水によって汚れが流れ落ちます。

Q14各試験デ-タはありますか?(耐熱、耐火、耐水、耐塩害、耐風速、積雪、振動、衝撃)

A14
(社)公共建築協会が実施している評価事業、「建築材料・設備機材等品質性能評価事業」の評価を平成23年11月1日に取得しました(評価第111-04500409号)。
項目は気密性、水密性、耐風圧性、断熱性の評価を含んでおります。
評価証についてはコチラをご覧ください。

Q15製品は不燃ですか?

A15
ドーム ・・・ アクリル
ルーフベース ・・・ 製品によって素材が違いますが、多くはアルミまたはガルバリウム鋼板です。
チューブ ・・・ アルミ
散光カバー ・・・ 樹脂

※防火地域などでは、金属枠付き網入ガラス(オプション品)をドーム直下に設置することによって、法規制をクリアできます。

Q16消費電力は?

A16
ゼロです。
※電動ディマー使用しない場合

Q17器具寿命は?製品保証は何年ですか?

A17
寿命とは別になりますが、各部材の保証期間は下記の通りです。

ドーム ・・・ 5年
ルーフベース ・・・ 10年
チューブ ・・・ 10年
散光カバー ・・・ 1年
オプション品等による電気回路を含む部材 ・・・ 1年

※ドームについては約10年間での交換をお奨めしています。
(弊社で実験的にみているもので一番古いものは17年経過しているものがありますが、経年変化による見映えが悪いという理由で5年経過後交換されたケースもあります。)
※ドーム以外の部材については、劣化による交換事例は現時点ありません。一番古いもので約17年経過しています。

Q18性能保証はありますか?

A18
性能保証はありません。

Q19本体重量は?

A19
産業用で一番多く施工している、ソーラマスターシリーズsolatube330DSオープンタイプ(プリズマティック散光カバー)を例にあげると
本体キットで約10.5kg、ルーフベース(RB-600-2)で4.5kg 合計約15kgとなります。

Q20部品交換は可能ですか?

A20
基本的に部品交換は可能です。
生産終了した部材については、生産終了してから各部材の保証期間保有いたします。

Q21アフタ-サ-ビスについて

A21
取扱店によって異なります。詳しくは取扱店にご確認ください。

Q22照度シミュレ-ション(対応)はできるのか?

A22
対応できます。

※今後もこのページは、皆様からのご質問の内容により拡張してまいりますが、
上記以外で疑問点等、お問合せがある場合は、どうぞ遠慮なく、下記までご連絡お願いします。

スカイライトチューブカスタマーセンター
TEL:0120-0132-86(フリーダイヤル)
FAX:077-533-2170
E-mail:info@skylighttube.co.jp

※なお、誠に申し訳ございませんが、お電話による問合せは下記の当社営業時間内にお願いします。
受付時間:AM9:00~PM5:00(日曜日・第1第3土曜定休)

PAGETOP